スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneダウングレード手順&JailBreak導入手順まとめ

現在のiOSは4.2ですが、今回使用するiPhone4は、購入時iOS4.0.2なのでアップデートすると4.2になってしまいます。 4.2でもJailBreakできますが不安定との事……
そこで今回は、TinyUmbrellaを使ってiOS4.1導入(ダウングレード)&JailBereakの手順を紹介します。


<SHSHについて>
事前準備として、以前Umbrella-4.1.3を使い希望のiOSにする為に必要な『shsh』は、すでに取得済みの状態から紹介となります。

簡単に説明すると、shsh承認情報みたいなものと考えればいいと思います。
shshは、他のiPhoneには流用出来ません。
iPhoneの固有情報は、ECIDと言います。
つまり、iPhone固有の承認情報は、「ECID SHSH」となります。
Umbrellaを使いshshを取得したり、承認サーバを仮設したりもできます。

今後 iOS 4.3 や 4.4 と新しくなった時、iOS 4.1 に戻したくても
4.1 ECID SHSH を保存していないと、iOS 4.1 に戻す事 (復元) は出来ません。
また、現在使用しているiPhoneのバージョンが4.0.2でも 4.1や4.2の ECID SHSH を取得する事は可能です。
現在取得出来るshshは、4.0.2(8A400)・4.1(8B117)・4.2.1(8C148)・4.2b3(8C5115C)の4種類が取得できます。
それ以前のshshは取得出来ません、つまりその前のiOSには戻せないと言う事です。
希望のiOSに変える為には、ECID SHSH・Umbrella・iTunes が必要です。
※現在(2011.2.10) Umbrellaの最新バージョンは、TinyUmbrella-v4.21.07です。
 ベータ版が、TinyUmbrella-v4.21.08です。
今回は、TinyUmbrella-v4.21.02での紹介です
4000.jpg 4001.jpg
※ 純正状態のiPhoneでも ECID SHSH は、取得する事は可能です。
 JailBreakを導入するか?しないか?に関わらず ECID SHSH は取得する事をオススメします。




<準備するもの>
TinyUmbrella [OSX] → コチラ
TinyUmbrella [WIN] → コチラ

[環境に合わせてダウングレードしたいfirmware(ipsw)を用意して下さい]
iOS 4.0.2 firmware → コチラ
iOS 4.1 firmware → コチラ
iOS 4.2.1 firmware → コチラ

limera1n → コチラ



<ダウングレード手順>
1、TinyUmbrellaを起動します。過去にUmbrellaを使用してshshをバックアップしてる
  PCな為 RECENT DEVICES が表示されてます。
 4002.jpg

2、PCとiPhoneをつなぐと、CONNECTED DEVICES に表示されます。
 4003.jpg
※shshをバックアップする場合は、Save SHSHボタンを押すと保存されます。
 保存先は、Advancedタブを押すと分かります、Save SHSH Direvtory: が保存先です。

 4004.jpg

3、Start TSS Serverボタンを押すと承認サーバを仮設した状態になります。
  Logタブを押せば現在の状態も確認出来ます。
 4005.jpg

承認用サーバの準備もできましたので、次はiTunesでダウングレード作業に入ります。
JailBreak作業は、自己責任の上行なって下さい。
また、作業前には必ずiPhoneの重要データはバックアップして下さい。

今回使用したバージョンは、iTunes 9.2.1(5)を使用します。
 4007.jpg

4、iTunesを起動し、Mac なら Option キーWindows なら Shift キーを押しながら
復元ボタンを押して、希望 Firmware .ipsw ファイルを選択します。
 4008.jpg 4009.jpg

5、確認の表示が出ますので復元ボタンを押すと開始されます。
  復元中は電源を切ったりしないようにして下さい。
 4010.jpg

6、復元完了後、エラー表示が出まが、OKボタンを押します。
  エラーが出たからといって、復元できていない訳ではありません 。
  
復元プロセスは完了していますが、正常に起動するプロセスが許可されてないだけです。
 4011.jpg
  TinyUmbrellaの画面で CONNECTED DEVICES のiPhoneを選択して、
  Exit Recoveryボタンを押す事で正常に復元できます
 4012.jpg 4013.jpg

7、iPhoneが再起動され、iTunesで新しいデバイスとして読み込まれます。
  バックアップデータの同期できます。
  また希望のFirmwareになっている事も確認して下さい。
 4014-00001.jpg 4008-00002.jpg 4023.jpg



<JailBreak limera1n>
今回はMac版を使ってみます。 Win版でも使い方は同じです。
4015.jpg

1、iPhoneをPCにUSB接続します。
  起動してるアプリケーションが有れば終了してから、limera1nを起動します。
  make it ra1n をクリックします。
 4016.jpg

2、HOMEボタンと電源ボタンを10秒間同時押します。
 4017.jpg

3、失敗すると下記のメッセージになります。
  再度HOMEボタンと電源ボタンを10秒間同時押します。
 4018.jpg

4、下記の表示が出ましたら電源ボタンのみ離します。
 4019.jpg

5、下記の表示が出ましたらHOMEボタンも離します。
 4020.jpg

6、geohot氏のメッセージが表示されれば成功です。
 4021.jpg

7、done でインストール完了です。 iPhone のUSB 接続を解除してもOKです。
 4022.jpg

8、iPhoneホーム画面に「limera1n」アイコンが追加されているのでタップして起動します。
  Please Select Packageの「Cydia」をタップしてCydiaをインストールします。
 4024.jpg 4026.jpg

9、iPhone再起動後、Cydiaアイコンがホーム画面に出てくればJailBreak完了です。
 4027.jpg




<Cydia初起動!>
1、Cydiaを起動するとどのモードを使うか聞いてくるのでお好きなモードを選びましょう。
  制限無く使いたい場合は、Developerを選びましょう。
 4028.jpg 4029.jpg 4032.jpg

2、非常に重要なアップグレードが有ると表示されますので、Upgrade Essential をタップします。
  次にConfirmをタップしアップグレードします。
 4033.jpg 4034.jpg




<rootパスワード変更>
過去記事にも紹介しましたが、JailBreak後はデフォルトパスワードのため、そのままにしておくと誰でもiPhoneに侵入出来るためiPhoneのrootパスワードを変更します。
rootパスワードを変更するには、Mobile Terminal を使用しますが、バージョンが古い(364-1-10)ため起動しません。
 4036.jpg 4037.jpg 4038.jpg

そこで起動出来るMobile Terminal_364.3-12_iphoneos-arm.debを iFile を使いインストールします。
Mobile Terminal_364.3-12_iphoneos-arm.deb → コチラ
iFunBox → コチラ
PhoneDisk → コチラ

1、Cydiaを起動、Searchをタップ、「iFile」を入力します。
  iFileを選択してインストールします。
 4039.jpg 4040.jpg

2、次に afc2add をSearchしインストールします。
 4047.jpg
afc2addはi-FunboxやPhoneDisk等を使用する際、iPhone側の読み込み権限や書き込み権限のロックを解除する機能拡張なので忘れずにインストールしましょう。

2、iPhoneとPCをUSBで接続します。
  iFunBox か PhoneDisk を使いMobile Terminal_364.3-12_iphoneos-arm.debを
  配置します。
  /var/mobile/mobileterminal_364.3-12_iphoneos-arm.deb
 5002.jpg

3、iFileを起動して mobileterminal_364.3-12_iphoneos-arm.deb をタップします。
  次にインストールをタップすれば完了です。
 4043.jpg 4044.jpg

iPhoneのCydiaにrootパスワード変更手順も記載されますが見ながら変更する為、PCからCydiaのサイトにアクセスし、PCで手順を見ながら、iPhoneで変更作業しましょう。
Cydiaのrootパスワード変更手順サイトはコチラ
iPhoneでMobile Terminalを起動し上記サイトを確認しながらパスワードを変更します。




<導入しておくと便利なアプリ>
1、SBSettings
 4050.jpg 4055.jpg
  色々な機能拡張の設定や基本的な設定のon/offを切り替えられる

2、Five Icon Dock
 5004.jpg
  ドックアイコンを5つにする

3、CyDelete
 5009.jpg
  AppStoreアプリ同様、アイコン長押しでCydiaアプリをアンインストール可能

4、Remove Background SBSettings
 5011.jpg
  SBSettings用バッググラウンドのアプリをいっぺんに切るトグル

5、Five-Column Sprinboard
 5014.jpg
  iPhoneのアイコンは4×4ですがそれを5×4にする

6、MultiIconMover
 5017.jpg
  複数のアイコンを一度に移動できる

7、WinterBoard
 5020.jpg
  iPhoneの画面をカスタマイズする

まだまだ色々なアプリが有りますのでお楽しみください。
ただし一度でもJailBreakを導入するとサポートはもちろん受けられません。
ダウングレードしてもiPhone内部にJailBreak情報は残ります。

十分検討して自己責任で行なって下さい。
JailBreakするとI○○○○○○usと言う極悪なアプリも使えるので研究しながら楽しめますね
(^^;


テーマ : iPhone
ジャンル : 携帯電話・PHS

護身・防犯用品のお店

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
662位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マック
41位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。