スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Waninkoko CFW 環境確認

日々1日と経過するとどんどん、新しいツールが出てより安定度が高くなり嬉しい限りなんですが、検証しながらなので紹介が遅れ気味になってますm(_ _)m
Waninkoko CFWに導入出来るツールも少なく(現在はエミュも出てますが)カスタマイズしたPKGコンテナの導入もエラーが出ます。
しかし、EBOOTの改造や起動用PKGも作らなくても、手軽にゲーム起動ができます。

1、Waninkoko用データをダウンロードし、解凍後pkgファイルをUSBメモリの
  rootに配置して下さい。
 ・Rogero-Manager-v7.8-sign-CFW-3.55-Waninkoko.rar
 ・FIX_PERMISSIONS_Waninkoko_Kmeaw_CFW_3.55.pkg
 ・multiMAN ver 1.13.00 BASE [20110120_190000].rar

手順の前に、Waninkoko CFW環境を使用している方なら、必ず入れなければならないが
「FIX_PERMISSIONS_Waninkoko_Kmeaw_CFW_3.55」です。
内容は、様々なサイトでも紹介が有る様に、簡単に言うとPS3本体がデータを読み書きする時のアクセス権限を修正するパッチです。

過去記事でも紹介してましたが、内部HDDのデレクトリ構成は
internal:/ dev_hdd0 / game / LAUN12345 / GAMEZ / ゲームデータフォルダ
ここに配置する事で安定して読み込む様です。

外付HDDのデレクトリ構成は
external:/ GAMEZ / ゲームデータフォルダ
ここに配置する事で安定して読み込む様です。

どの起動ツールを使用しても、読み込み先の変更や読み込みのフォルダを変更もできますが、使用するツールによって異なります。

2、PS3接続後、XMBより「Install Package Files」を選択します。
  Rogero_Manager_v7.8_ROGE12345_Signed_for_Waninkoko_CFW_3.55.pkgを
  インストールします。
  Waninkoko CFWに対して、非常に相性がいいのがRogero Manager v7.8です。
  色々なゲームの起動率が、他のツールよりも高いと思います。
  Rogero Manager v7.8を初めて起動する場合や、設定の変更してない方は、
  起動後セレクトボタンを押して設定の変更して下さい。
 IMG_0142.jpg IMG_0162.jpg 「はい」で設定変更を進められます。

3、『3.55』なら「はい」を「いいえ」で『3.41』とバージョンをどんどん下げられます。
 IMG_0163.jpg ここは、『3.55』のまま、「はい」で進みましょう。
 IMG_0164.jpg「いいえ」の場合 IMG_0165.jpg 更に「いいえ」の場合

4、内蔵の読み込み先を[/dev_hdd0/game/LAUN12345/GAMEZ/]に変更して下さい。
  違う場合は、「いいえ」を押すと違う読み込み先に変わります。
  [/dev_hdd0/game/LAUN12345/GAMEZ/]なのを確認して、「はい」にします。
 IMG_0167.jpg
  この設定は、multiMAN ver 1.13.00を使用しても同様に有効になります。

しかし、読み込み先を[/dev_hdd0/game/LAUN12345/GAMEZ/]に変更してもそのフォルダは自動で作成されないので、後ほどFTPで[/dev_hdd0/game/]内部に入り、「LAUN12345」フォルダと「GAMEZ」を作ります。

[/dev_hdd0/game/LAUN12345/GAMEZ/]が存在してれば、新たに作り直す必要は有りません。
 PS JailBreak等のドングルを使用してた場合、[/dev_hdd0/game/LAUN12345/GAMEZ/]は存在していると思います。


PS3本体でフォルダを作りたい場合は「Awesome File Manager Singed by xiDivybc.pkg」を使用すれば便利です。
注意:Geohot導入時にインストールされていれば、Waninkoko導入後も起動は出来ますが、Waninkoko導入後には、Awesome File Managerはインストールできませんでした。

6、次は、外付けの読み込み先を末尾「Z」か「S」のどちらにするか聞いてきます。
  Mac用 Psjukebox でデータ転送していれば、自動で「GAMEZ」フォルダが作られてます。
 IMG_0168.jpg

7、プロテクトモードを有効にするか聞いてきます。
 IMG_0169.jpg どちらでもいいです。

8、次は、FTP server機能を無効にするか聞いてきます。
 IMG_0170.jpg「いいえ」を選びます(有効になります)。

9、以降は、「はい」でも「いいえ」でも問題有りません。
 IMG_0171.jpg IMG_0172.jpg IMG_0173.jpg IMG_0174.jpg
  最後は○ボタンで設定完了です。
 
11、メニュー画面で△ボタンでRogero-Managerを終了します。
  Rogero-ManagerのFTP機能では正常にログイン出来なかった為、multiMANのFTP機能で
  FTPからアクセスします。

12、PS3にLANケーブルを繋ぎます。

13、XMBより「Install Package Files」を選択します。
  multiMAN ver 1.13.00 BASE [20110120_190000].pkg をインストールします。
  multiMAN ver 1.13.00を起動します。
  赤い四角にFTP用のIPアドレスが表示されてます。
 IMG_0148.jpg

14、multiMAN ver 1.13.00を起動させたまま、PCからFFFTPでログインします。
  ユーザー名:FTPD12345  パスワード:空欄  ※PASVモードを使うのチェックを外す
 IM0001.jpg

15、正常にログインできたら[/dev_hdd0/game/]内部に入り、「LAUN12345」フォルダを
  作ります。

16、次は「LAUN12345」フォルダ内に入り、「GAMEZ」を作ります。

17、△ボタンを押して、multiMAN ver 1.13.00を終了します。

18、最後に、XMBより「Install Package Files」を選択します。
  FIX_PERMISSIONS_Waninkoko_Kmeaw_CFW_3.55.pkgをインストールします。
  これで作業完了です。
  以前、Blackoutで起動しなかったゲームも起動出来る数が増えてると思います。

multiMANでゲーム起動すれば、ダミーディスクは不要ですが、起動出来なかったゲームも有りました、ですがRogero-Managerなら起動出来るものもあります。

Rogero-Manager-v7.8では、ダミーディスクが必要ですが、新しいバージョンのRogero Manager v7.9aではダミーディスクは不要です。
もうすぐ起動検証も終わりますので、新しい情報も紹介出来るとも思います。

もうすぐ、CFW 3.55 Waninkoko V2 y CFW 3.41 Hermes en caminoもリリースされるので、今後も目が離せませんね。

テーマ : ■PLAYSTATION®3
ジャンル : ゲーム

護身・防犯用品のお店

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
662位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マック
41位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。